2010年04月05日

学生の「代返」と違う…若林氏行為に仙谷氏(読売新聞)

 自民党の大島幹事長は2日午前、若林正俊・元農相の「二重投票」について、党本部で記者団に、「国会の議決に賛否を明らかにするのは本人しかできない。どういう理由であれ、それに違背したのは許される行為ではない」と述べた。

 参院選への影響については、「辞職という最も重い決断をし、一つの責任を果たした」とけじめをつけたことを強調した。

 尾辻秀久参院議員会長は「あってはならないことが起きた。こういうことが起きると、押しボタン制に対する信頼が失われる」と語った。

 一方、菅副総理は2日午前の閣議後の記者会見で、「国会の議決が本人の意思と関係なく決まるのでは、議院内閣制が根本から原理が覆る。ちょっと考えられないことだ」と批判した。

 仙谷国家戦略相は「学生時代に『代返』することはあるが、国会議員が賛否について代理を行うのは想像がつかないような事態だ」と述べた。川端文部科学相も「有権者が他人の入場券で選挙の投票をしたら捕まる。あってはいけないことだ」と語った。

<紛失>複数の印鑑登録証 区役所から 静岡・清水(毎日新聞)
首相動静(3月27日)(時事通信)
「ハイテク犯罪対策最先端担え」=人員増強、取締班設置−警視庁(時事通信)
<普天間移設>北沢防衛相、ヘリ引き受け先の県外分散を検討(毎日新聞)
郵政改革案「亀井氏案で進める」=預入限度額は2000万円軸−鳩山首相表明(時事通信)
posted by タジマ テチオ at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。