2010年02月06日

羽毛恐竜、全身の色を推定=色素を現在の鳥と比較−中国(時事通信)

 中国遼寧省のジュラ紀後期(約1億5000万年前)の地層から見つかった羽毛恐竜の1種、アンキオルニスの化石から全身の色を推定することに、北京自然博物館や米エール大などの研究チームが初めて成功し、5日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。
 研究チームは、色や模様が分かっているさまざまな現生鳥類の羽毛を調べ、細胞内のメラニン色素を含む小胞の形や大きさ、密度と実際の羽の色との関係をデータベース化した。
 その上で、ほぼ全身の羽毛が保存されていたアンキオルニスの化石から、29カ所の羽毛を顕微鏡で観察。メラニン色素の分布をデータベースに当てはめ、各部位の色を推定した。
 その結果、身体は暗い灰色で、顔には赤褐色の斑点があったことが判明。翼の一部は白いなど、ほぼ全身の色や模様を再現できた。 

【関連ニュース】
【動画】恐竜2009〜砂漠の奇跡〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
特集・恐竜図鑑〜トサカのついたティラノサウルス〜
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕肉食のスピノサウルスなど出現! 恐竜2009 砂漠の奇跡

寒い!北海道・占冠で氷点下34・4度(読売新聞)
県庁に夜の“侵入者”、ひさしに身動きとれず(読売新聞)
「作品に大きな啓発力」=故平山郁夫さんのお別れの会(時事通信)
<陸山会事件>9億円は口座入金なし(毎日新聞)
<狐の嫁入り道中>花婿と花嫁が面つけて…三重・四日市(毎日新聞)
posted by タジマ テチオ at 18:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。