2010年01月30日

春闘 首相「定昇難しい」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は26日夜、今年の春闘で、連合が定期昇給の確保を求めていることについて、「連合のお考えは理解できるが、現在の経済状況はそう簡単ではない。経営者の皆さんにとって、簡単に昇給できる状況ではないと思う」と語り、定昇凍結を視野に入れている経営側に一定の理解を示した。首相官邸で記者団に語った。

【関連記事】
トヨタ労組が5年ぶりにベア要求見送り
鳩山首相はどっちの味方? 10春闘で「昇給簡単ではない」
日銀“楽観シナリオ”に危うさ 原材料高・内需不足のダブルパンチ懸念
労使首脳の懇談会、古賀連合会長が定昇維持を強く要求
春闘、組織率アップと定昇死守のジレンマ

訪問介護、初回加算も医療費控除の対象―厚労省が事務連絡(医療介護CBニュース)
首相動静(1月24日)(時事通信)
「清水の舞台」でも放水訓練 文化財防火デー(産経新聞)
東京スカイツリー煙に包まれる 墨田区で住宅火災(産経新聞)
小沢氏なぜ家族名義に?原資4億円に残る疑問(読売新聞)
posted by タジマ テチオ at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。