2010年06月08日

<高額報酬請求>横浜のトレーラーのタイヤ脱落事故訴訟で 原告に説明なく 弁護士を懲戒処分(毎日新聞)

 横浜市で02年、母子3人が死傷した三菱自動車(三菱ふそうトラック・バスに分社)製トレーラーのタイヤ脱落事故を巡る訴訟で、原告の遺族に十分な説明をしないまま高額な着手金を請求したなどとして横浜弁護士会は1日、代理人を務めた青木勝治弁護士(70)を業務停止6カ月の懲戒処分にした。

 青木弁護士は取材に「遺族には十分説明した。着手金は提示しただけで請求していない。日弁連に審査請求する」と答えた。

 同弁護士会によると青木弁護士は1審段階で、弁護士への報酬や着手金も併せて増えることを遺族に適切に説明せず、約550万円の損害賠償請求額を1億6550万円に増やした。08年9月には、認められる可能性の少ない高額請求を基準に、着手金などとして約2110万円を遺族に支払うよう求めた。

 脱落事故では、タイヤが直撃した神奈川県大和市の主婦(29)が死亡し、男児2人が負傷。遺族は同社と国に約1億6000万円の損害賠償を求め、同社に550万円の支払いを命じる判決が最高裁で07年9月に確定している。【山田麻未】

「4日にやる」組閣、なぜ8日に先送り?(読売新聞)
従業員の自殺相次ぐ 中国「アイフォーン工場」で何が(J-CASTニュース)
民主新人候補に逆風、首相辞任求める声も(読売新聞)
障害者制度改革、月内に基本方針を閣議決定へ(医療介護CBニュース)
閣僚席次、福島氏辞任で変更(時事通信)
posted by タジマ テチオ at 00:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。